ホワイトニングで歯に沁みることがありますか?

ホワイトニングをしている時に、ツンとした軽い痛みを感じることがあります。
これは、かき氷やアイスクリームを食べた時にツンと歯に沁みるような痛みに似ています。
ホワイトニングの薬が氷と同じように歯に沁みることによる現象で、健康な歯の人でも起こり得ます。
歯には表面がエナメル質、その下に象牙質があり、歯の中心にある神経を守っています。
この象牙質への刺激が加わると知覚過敏と言われる痛みを引き起こします。
エナメル質には知覚がありませんが、歯軋りによって歯の先が削れている場合、
加齢によってエナメル質が薄くなってきた場合は、象牙質まで刺激が到達してしまいます。
また、エナメル質のひびや詰め物の隙間に対しても象牙質に刺激を受けます。
ただこの沁みは歯への直接的な害はなく、一時的なものです。
したがって、ホワイトニングが終了してしまえば、多くの場合、沁みは無くなります。
もし知覚過敏になった場合には、知覚過敏用の歯磨きやフッ素配合の歯磨きを使って緩和出来ます。

ホワイトニングの歯磨き粉人気ランキングはコチラ